ハリネズミとフクロモモンガの飼育ブログ

ハリネズミのぽてちゃん(♂)とフクロモモンガのペルちゃん(♀)の飼育ブログです。

ハリネズミの飼育環境 温度調節に必要なグッズ

スポンサーリンク

こんにちは

前回は、ハリネズミの餌について書いたので、今回は飼育環境についてのお話

 

 f:id:yukapiroooon:20171207174554p:plain

 

ハリネズミは、温度管理が必要な動物です

温度管理がしっかりできない人は飼えません

飼い主にとっては、大丈夫大丈夫と軽く考えるかもしれませんが、ハリネズミにとっては、生死に関わることなので、しっかり考えてみてください

 

温度環境

ハリネズミにとっての適正温度は24-29度です

26度に設定できたら大丈夫ですが、生後~6ヶ月あたりは28度はほしいところです

 

春・秋以外は基本エアコンで温度管理が必要になります 

 

★このときの注意事項

  • 直射日光が当たる場所には置かない
  • エアコンの風が直接当たらないようにする

 

この2点だけは守りましょう

 

春や秋など温度変化が激しい日のために2つの温度調節機器を用意する必要があります

それは

  • 暖突
  • ピタリ適温プラス

 

 

暖突

 

こちらはケージの上につけとくと、ケージ全体を満遍なく温めることができる商品です

 f:id:yukapiroooon:20171207173928j:plain

春や秋などエアコンが必要かどうか微妙な時期には暖突があればOKです

ただ、冬はエアコンが必須です

暖突だけでは、適正温度まで温度をもっていくことができないので、暖突をメインで使うことはできません

冬はエアコン+暖突を使いましょう

 

この商品は、コンセントの指し抜きのみで、スイッチがありません

主婦や在宅勤務など家にいる人は、温度管理を定期的にできますが、会社に通勤している人や学生さんなどは、日中いませんよね

 

暖突つけている状態で、日中部屋の温度が30度超えた場合、困りますよね?

そんなときのためにサーモスタットが必要になります

 

サーモスタット

f:id:yukapiroooon:20171207173924j:plain

 

 

サーモスタットは、温度の上昇を防ぐ機器です

ダイヤルで、温度を設定します

# 私の家では28度で設定しています

 

f:id:yukapiroooon:20171207173940j:plain

右側のコードはコンセントに差します

真ん中のコードと先ほどのヒーター(暖突)と繋げます 

左側のコードが温度計になっているため、設定温度(ダイヤルで設定した温度)を超えたら、自動で暖突を切ってくれます

また設定温度を下回ると自動的に暖突をつけてくれます

 

春や秋など温度管理が難しい時期にはとても役立ちます

 

 

 

 ピタリ適温プラス

f:id:yukapiroooon:20171207174017j:plain

 

最後にこちらピタリ適温プラスです

 

先ほどの暖突はケージ全体を温めるのに対してこちらは床に敷いてこの上のみを温めるようになっています!!

所謂、ホットカーペットですね

ハリネズミは元々砂漠にいる生き物のため、暖かい(暑い)ところが好きです

なので、ケージの一部に暖かい場所を作ってあげる必要があります

 

ただ、このまま敷くとやけどしてしまうので、いつもは床材の下に置いています

# 写真ではわかりやすく出しているだけです

 

我が家のぽてちゃんは常にこの上で寝ています

よっぽど温かくて気持ちいいのでしょう

 

使い方としては、ピタリ適温プラスを寝床の半分に置くといいです 

寝床の半分敷くと、暑いときはピタリ適温プラスがない場所で寝ますし、寒いときはピタリ適温プラスのある場所で寝ています

私たちが今日はこうしたほうがいいかな?とかを考えなくても、ハリネズミが自分で温度調節してくれます


夏場になると、先ほどの暖突は必要なくなるため、サーモスタットとピタリ適温プラスを繋げておくといいです

 

 

最後にあると便利なもの

 

 温度計

 

私が使っているのは、クレセルの室内・室外・デジタル温度計です

f:id:yukapiroooon:20171207173932j:plain

 

 

こちらは、室内の温度だけでなく、吸盤のところの温度も測定できるようになっています

そのため、ケージ内にこの温度計を入れておくと、ケージ内の温度も測定できます

室内とケージ内の温度差を見ることができるので、とてもわかりやすいです

 

 

 

 最後に 

 

暖突もピタリ適温プラスを常に使うと電気代が…と思うかもしれませんが一月数百円で済みます!

 

ハリネズミが快適に過ごすためにも、温度管理が必要です

必要なものを揃えましょう